あいはら友子 プロフィール

あいはら友子 女優・日本画家・高野山宝亀院福寿会理事

兵庫県神戸市生まれ。関西学院大学法学部卒業。

■資格

  • 日本画家として美術年鑑、美術市場認定
  • 厚生労働省認可心理相談員
    (中央労働災害防止協会心理相談員)
  • 高野山真言宗僧籍取得
  • 高野山宝亀院福寿会理事
  • 温泉ソムリエ
  • 日本テクニカルアナリスト協会公認テクニカルアナリスト
  • アニマルコミュニケーター
  • カラーセラピスト

■特技 : アーチェリー 全日本選手権第3位

小学3年生の時の交通事故をきっかけで、学業・運動すべての分野で才能が開く。関西学院大学在学中にアーチェリーで全日本第3位、モントリオールオリンピック強化メンバーとなる。

1978年、NHK朝の連続テレビ小説「わたしは海」のヒロインでデビュー。その後、多数のドラマや映画が出演。映画の代表作には『刑事物語 くろしおの詩』『新・極道の妻たち惚れたら地獄』などがある。

バブル時代には、経済界での講演や、テレビ・ラジオでキャスター、そして雑誌の連載をしたことで、「財テク女優」と呼ばれた。また、銀行・上場企業での講演も多数こなす。

1998年より、赤富士を中心とした「富士シリーズ」で、全国のデパートで絵画個展を開催。開催回数は100回を超え、いずれも大盛況となる。
さらに清水寺には、33年ぶりに御開帳された十一面千手観音の絵画を描き寄贈している。

お問い合わせ あいはら友子事務所 [高木オフィス有限会社] 03-5430-6162